Asbestos-アスベストの恐怖-

Asbestos-アスベストの恐怖-

アパート物件のアスベストについて

アパートの中でも1970年代から1990年代に建設されている鉄骨造の物件には、耐火被覆材としては飛散性の高いアスベストが吹き付けられているケースが多く、リフォーム工事や解体工事をする際には吹き付けられているアスベストが飛散しないように安全に工事を実施しなければなりません。また、飛散性の高いアスベストを撤去する場合は、行政への届け出を建築主が主体的に提出しなければならないように法律で義務付けられていますので注意が必要です。撤去する際には、飛散しないように湿潤させたり、固化するための薬剤を使用するなど、適切な対応が求められます。特にアパートでは、周りの環境が住宅街となっていることが多いため、周辺地域に迷惑を掛けないように安全に撤去することが重要になります。解体工事の際は、足場を用いて完全に建物を囲い、集塵機で陰圧にした区画を形成してから作業にあたる必要があり、作業員も所定の作業服とマスクを装着しなければなりません。

築年数が長いアパートの改装とアスベスト対策について

集合住宅の一種であるアパートは築年数が経過することで建材の劣化が進み、遮音性や断熱性が低下して居心地が悪くなる問題があります。特に遮音性の低下は生活音が響きやすくなることから、入居者同士のトラブルに発展することもあるので速やかに対処するのが家主の責務です。古い建物の居住性を改善させる方法としてリフォーム工事が広く普及していますが、築年数によっては人体に有害なアスベストが建材として使われていることもあるので、作業は細心の注意を払って行うことが大切です。アスベストは安価で加工しやすいことから住宅建材として多用されていたため、古い住宅をリフォーム工事する際は安全を第一に考えて慎重に作業を進める必要があります。特にアパートは複数の世帯が入居していることから、健康被害が発生しないように建物のアスベストをすべて取り除くことが重要になります。専門知識を持つ技術者の指導で適切な処置を行うことが住み心地の良いアパートにするための心得です。

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

pickup

Last update:2017/9/22


ページTOP▲